Religiously Celebrated Ceremony

家族葬という方法|親しい友人だけで行なえる

葬儀の種類と特徴について

それぞれの特徴と相違点

線香

かつては、密葬、一般葬などが主な葬儀の形式でしたが、現在では直葬、家族葬、密葬、一般葬など様々な形式の葬儀形式があります。特に、家族葬は新しい葬儀の形として注目されており、大東市では家族葬を希望する方が増えています。需要が高まる家族葬とはどのようなものでしょうか。家族葬の特徴について説明します。家族葬とは、近親者とごく親しい友人だけが参列する葬儀のことです。家族葬では会食を行わず、葬儀の案内はがき・お礼状などの印刷などを省くので、葬儀費用を安くすることができます。しかし、香典が入らないので反って遺族の負担が増えることもあります。大東市の家族葬には、通夜を行わずに告別式だけ行うこともでき、この場合は1日葬と呼ばれています。場合もあります。参列者への応対がないので、ゆっくり故人と別れを告げることができます。また、葬儀中は好きな音楽を流して欲しいといった故人や家族の要望に応えることも可能です。これに対して一般葬は、大東市で最も多い葬儀形式です。葬儀には、近親者、仕事関係者、友人・知人、近所の方などが参列し、一緒に故人を見送ることができます。その反面、一般葬を行う遺族は参列者のリスト作りや応対で忙しく慌ただしい葬儀になります。一般葬は、参列者が多いので、会食、はがき印刷代、葬儀社のスタッフの人件費などの諸費用が嵩み出費も多くなります。しかし、香典が入るので結果的に遺族の負担を減らすことができます。大東市で葬儀を行うときは、故人や家族の希望、予算などを考慮して選ぶようにしましょう。

家族の負担を軽くできる

式場

終活の一部として、家族葬の生前予約が大東市でも注目されています。生きているうちからお葬式のことを考えるなんて、縁起が悪いと眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれませんが、前向きな提案として生前予約が注目されているのです。家族葬を生前予約しておくと、ご自身が亡くなった後に残された家族の負担を減らすことができますし、葬儀をめぐる家族同士のトラブルも回避することができます。通常、お葬式は亡くなった後に地元大東市の葬儀社や付き合いのある葬儀社に連絡をして、打ち合わせを行います。たいていの葬儀社では即日に訪問および打ち合わせとなり、ご葬儀の日取りなど葬儀の大枠を決めます。葬儀はプロである葬儀社に任せておけば安心ですが、家族にも最低限しなければいけないことがあります。遺影の写真選びや葬儀を行う場所、祭壇の大きさやお返しの品など決めることはたくさんあるのです。頭ではわかっていたとしても、時間がない関係で最善の選択ができない場合も多く、残された家族の心に影を落としてしまうこともあります。また、家族間で思いに違いが生じて、後々トラブルから関係が悪くなってしまうこともあります。大東市での家族葬なら、葬儀費用も削減することが可能です。家族葬の生前予約なら時間の余裕がありますから、ご自身で検討して決定することができます。残されたご家族も本人の決定なので不満は出にくく、合意の得られた形で済ませることができます。大東市で葬儀の適正な価格からスタイルまで幅広い視点から考えることができますから、縁起の悪いことではなく家族を思えばこそ、ご自身のご葬儀のスタイルをじっくり考えることができます。

少ない予算で行える

蝋燭

大東市で親族が亡くなった場合、通所は葬祭場で葬儀や告別式を行いますが、この際に親戚や近しい友人を参列者として招いて執り行うのが一般的な葬式となっています。非常に大々的な葬儀となるため、準備や葬儀の手配など残された遺族に負担がかかるのが問題です。また、費用もかかるため、故人が生前のうちに大事にしないようにと言葉を残すことも少なくありません。こういった経緯から、現在では昔ながらの葬式を行うだけでなく、小規模の葬式が行えるようになっています。最も小さい規模では家族葬と呼ばれるものがあり、文字通り家族だけ、または一部の親族のみを呼んで執り行う葬儀のことです。似た様なものに密葬というものがありますが、こちらは本葬を行うのに対し、家族葬では本葬を行うことがありません。家族葬の大まかな流れは搬送から始まり、お通夜を行ってから告別式、そして火葬となります。大東市の家族葬では人によって規模の解釈が大きく異なり、家族や親戚を含めて10人程度の規模から、親しい友人などを加えて30人前後が集まる場合もあります。葬式の本格的な流れが省かれ、豪華な祭壇や食事に香典返しなどの負担が少なくなっていることから、規模を大きくしても費用が安く済むというのがメリットとなっています。現在では家族葬の需要があることから大東市でも対応できる業者が増えてきており、見積もりなどもスムーズにできるようになっています。また、大東市の業者では家族葬の定額プランなども用意されているので、決まった予算で葬儀を行うことも可能となっています。