Religiously Celebrated Ceremony

家族葬という方法|親しい友人だけで行なえる

お葬式の基礎知識

業者のタイプと特徴

空

お葬式を挙げるために大東市内で業者を探すときには、葬儀会社の情報サイトの一覧表で、タイプ別に業者を分類するのが効率的です。特に最近ではシンプルな家族葬を挙げたいと考える世帯が増えているので、自社で斎場も運営している葬儀会社が便利です。直営の斎場を利用する場合には、家族葬の費用も割安なので、大東市内でお葬式を挙げた人たちの評価も高いです。しかし従来型のお葬式を挙げる場合には、大東市での営業実績が長い、地域密着型の業者に相談するのが理想的です。地元の業者は自宅やお寺で挙げるお葬式に強いのが特徴的であり、祭壇の準備やお通夜と告別式の運営の手際よさも魅力的です。一方で最近になって注目度が高まっているのが、大東市を含めて各地に営業拠点のある、大手の葬儀会社のサービスです。大手の業者はスケールメリットを活かして、低料金で家族葬を挙げられるのが魅力であり、総予算を100万円以内に抑えたいときに役立つでしょう。そして均一料金で質の高いサービスを利用したい場合にふさわしいのは、大手スーパーなどの流通系企業が提案する、家族葬を中心とした様々なプランです。提携している葬儀会社のネットワークを生かせるのが、流通系企業のプランの魅力であり、僧侶の紹介サービスも大人気です。また費用や手順について、詳細に知りたいという顧客のニーズも高まっており、最近では生前相談にも積極的に取り組む業者が多いです。事前にお葬式について理解を深めることで、予算やサービス内容に合わせて、最適な葬儀会社を選べるでしょう。

正しい葬儀の仕方を知る

鞄

最近では大東市にある葬儀社で家族葬をする人も増加傾向にあります。この家族葬とは身内だけの葬儀となるため費用が安く済み、経済的負担が気にかかっているのであれば、最適な葬儀の形です。大東市にある葬儀社に依頼をして家族葬をする場合、家族の中にはこじんまりとした葬儀となるため、故人に申し訳ないと思う人もいるかもしれません。しかし、家族葬のしきたりに沿った葬儀であれば、参列者が少なくても良い供養をすることができます。ただ、家族葬は費用が安いため、大東市にある葬儀社にとっては簡易的な葬儀と感じることでしょう。そのため、家族葬のしきたりに沿っていない葬儀となる可能性もあります。この場合には、あらかじめ家族葬のしきたりを知っておき、もし間違っているようなら正しい形にしてもらうようにしましょう。家族葬のしきたりに北枕や枕飾り、枕飯や枕団子があります。北枕は多くの人がご存知のように、故人の頭を北にして安置することを言います。枕飾りとは、枕元に小机を用意して、その上に燭台と香炉、花立にお鈴、さらに線香立てを置くことです。そして、枕飯や枕団子を供えます。この枕飯や枕団子は地域によっては善光寺詣りのお弁当とも考えられています。このように、家族葬といっても正しいしきたりがあります。大東市にある葬儀社の方でしきたりに沿った供養をしてくれるところがほとんどです。もし、そうでない葬儀社に依頼をしてしまった時には、身内でしっかりとしきたりに沿った供養をしてあげましょう。

四十九日に合わせて

葬儀会場

大東市でも、家族葬を選択されるご家族が増えています。家族葬を選択されるということは、家族と近しい親類や付き合いの深いご友人のみで葬儀を済まされることを意味しています。ほとんどの場合、すべて済ませてから家族葬で執り行いましたと事後報告をすることになります。しかし、大東市の身近な場所で生活しているご友人やそのお子さんなど、連絡を取る前に知ってしまう位置関係の人もいます。また、勤務先でお世話になった方の場合には、必然的に家族葬が済む前に知ることとなります。参列してほしいと思っている方には、ご家族から直接参列してほしいという要望を伝えられています。大東市でお世話になった方であればなおさら、何かしたいという気持ちに駆られてしまうことでしょう。しかし、家族葬を知らされた際に特に参列をお願いされていないのであれば、何もしないのが故人への一番の供養です。せめて弔電だけでも送りたいと思うのでしょうが、弔電を送る際には香典も一緒に送るのが一般的とされており、香典や供花をいただいたご家族はお返しの品を用意する必要が出てきます。そのような雑務から手を離し、故人を送り出す準備に時間をゆっくりと使いたいので家族葬を選んでいるといえます。ですので、こちらの一方的な思いだけで何かをするよりは、故人への感謝を胸に温めておくのが最良の供養となり、残されたご家族への思いやりとなります。大東市で家族葬の知らせを聞いた際には、何もしないのが良いですが、特にお世話になった方やお気持ちのある方でしたら、四十九日に合わせて感謝を伝えるお手紙やお花を贈る程度にとどめるのが良いです。