Religiously Celebrated Ceremony

家族葬という方法|親しい友人だけで行なえる

平均費用を確認

安くても心のこもった葬儀

フラワー

家族葬はここ数年で、急速に広まっている葬儀のスタイルです。大東市にも多くの葬儀社がありますが、どこも家族葬プランを用意している程、大東市でも一般的となっています。なぜ、大東市でも家族葬が選ばれているのかというと、大きく分けて2つのメリットが考えられるからです。まず、1つに葬儀の費用を抑えられるという点が、家族葬の魅力です。大東市で一般葬を執り行った場合、100万円以上の費用が必要となります。大東市のある大阪府で一般葬を執り行った時にかかる、平均的な金額は約180万円程度ですので、この位の費用は必要となるでしょう。一方、家族葬であれば、かなりリーズナブルな費用で葬儀を執り行う事が可能です。葬儀社や祭壇のクラス、参列する方の人数などによって変わりますが、大東市で家族葬を選んだ場合、約40万円から50万円程度が平均価格となります。一般葬の半額以下で葬儀を執り行えるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。ただ、費用が安いと故人に対して失礼なのでは・・という、気持ちも浮かんでくるかもしれません。葬儀の内容は支払う金額で決められるものではなく、参列する方の心で変わるものです。家族葬は故人と、かなり身近な方しか参列する事が出来ません。残された家族は弔問客に気兼ねなく、ゆっくりと故人とのお別れをする事が出来ます。時間に余裕が出来る事で一般葬よりも、心がこもった葬儀を行えるのです。家族葬は安いからといって決して、故人をないがしろにしているという訳ではありません。

互助会なら掛金だけで済む

男の人

大東市では、いざという時の葬儀費用に困らないようにするため互助会に加入する人が増えています。これは月々の掛金だけで葬儀費用をまかなうことができます。掛金が大きいほど葬儀も大きなものにすることができます。大東市で近年増加しているのが身内などごく少人数で行う家族葬です。家族葬は祭壇やホールなども小規模ですむため、費用も一般の葬儀に比べて抑えることができます。参列者が少ないので家族の精神的、肉体的負担も軽減されます。家族葬は費用が少なくてすむといっても一定の金額は必要になります。互助会に加入していれば葬儀後にまとまった金額を用意する必要はありません。また大東市では家族葬といってもある程度の数の友人や知人を呼び、豪華な祭壇などを祀るケースも増えています。その場合の葬儀費用は一般葬儀と変わらないこともあるのです。葬儀社も増加する家族葬に対応して様々なプランやホールなどを用意しています。大東市では家族葬専門の葬儀社も増加しています。家族葬の利点は宗教などにこだわらず自由に葬儀が行えるという点です。仏教葬などのように僧侶を招かず葬儀を進行することもあります。通夜や初七日といった供養を省くことも増えています。このような儀式を省くことで家族が心静かに故人との別れが出来るのです。また葬儀に音楽を流したり、参列者全員で歌って故人を送る家族葬もあります。オリジナルの葬儀ができるというのも家族葬のメリットです。

宗教に囚われずに行う

数珠

大東市で家族葬を執り行う時に、無宗教葬を選択する人が増えています。無宗教葬は宗教に囚われずに自由に執り行えるメリットがあります。数多くの斎場が大東市にはありますが、家族葬として無宗教葬を執り行っているケースが多いです。自由な形式で執り行いますが、例えば写真や動画をスライド形式でプロジェクターで流しながら故人の思い出を語ったり、好きな音楽を流したり演奏することもあります。これらの無宗教葬を家族葬として執り行えるか、大東市の葬儀業者に一度確認することもできます。無宗教葬を家族葬として大東市で執り行うメリットとして、逝去した後で故人が希望している供養について柔軟に対応できる点が挙げられます。また、故人が無宗教で、遺言に無宗教葬を執り行いたいと書いていることもあるでしょう。宗教にこだわってしまうと、家族葬を執り行う時に想像以上の費用がかかることがあります。さらに大東市では斎場も数多く点在しているので、場所によって費用が大きく変化してしまいます。もし、短時間かつ安く供養して欲しいと個人が遺言を遺しているならば、直葬を選択することも可能です。直葬は無宗教葬の一種ですが、通夜や告別式を執り行いません。火葬だけを執り行うことによって、費用を大幅に削減することができます。どうしても家族葬を安く執り行いたい時には、直葬を選択するといいでしょう。大東市で対応可能な葬儀業者もあるので、見積もってもらいながら検討するようにしましょう。